デュッセルドルフ渡航前情報として現地の生活や周辺地域の見所等を紹介します。

スポンサードリンク

日本クラブ、学校

日本人幼稚園、学校

デュッセルドルフには日本人の子女のための幼稚園と学校があります。他に高校生のためのインターナショナルスクールがあります。

小中学校は現地に日本人学校がありますので心配ありません。高校はないのでインターナショナルスクールに入学することになります。授業はもちろん英語ですが、日本では経験できないですが、英語は飛躍的に上達できるはずです。入学すれば貴重な体験となるでしょう。

もう遠い昔のことですが、筆者の娘も日本人幼稚園のお世話になっていました。
当時は幼稚園の定員も少なく、キャンセル待ちが出るほどでしたが、現在は
そのようなことはないそうです。

先生は日本から来た方で、言葉の問題もなく、日本にいるのと変わらずにきめ細かく接してくださり、おかげで卒園後に帰国し日本の小学校に入ってからも、違和感なく溶け込むことが出来ました。
現地の学校や幼稚園に入り、ドイツならではの経験をするのも大切ですが、
ほとんどの子弟は駐在数年後には帰国するので、日本と同じような教育が現地で
受けられるのは大変ありがたいと思います。

昨年、久しぶりに日本人幼稚園を訪れましたが、園長先生は変わらずお元気で、懐かしくお話しすることができました。
 
子供が日本人学校に通いやすいようにと、日本人学校の周辺に住む日本人が多かったですね。

以下は老舗?のオーバーカッセルにある日本人幼稚園です。以前と全く変わりません。
以前は日本人幼稚園は1つしかなかったのですが、最近ではその数も増えて3つになっているそうです。

【日本人幼稚園正面】
昔と全く変わっていませんね。
日本人 幼稚園 正面

【内部の様子】
日本人幼稚園 内部

【幼稚園内部の校庭】
昔はここで運動会もやっていました。その当時は園児も1クラス25人くらいで総勢でも50人くらいでした。今では増築して、園児数も2倍とのことでした。
日本人幼稚園 学校 デュッセルドルフ


日本人幼稚園 学校 デュッセルドルフ


現地の日系旅行代理店はあるの?

ドイツでは年間2ケ月の有給休暇が法律で認められていますのでドイツ人はしっかりその休暇を消化します。日本とは大違いです。

以前ドイツ人に日本ではサラリーマンは夏休み1週間程度しか休まないというと驚いていました。それ満足できるのかと・・・?昔は日本人のことをワーカーホリックと呼んでいましたが、残念ながら現在は休暇の消化日数が昔よりは少しは増えましたが、状況は大きく変わったとはいえません。

駐在員で多忙な日々を送っていると、夏休み、冬休みは確かに楽しみです。どの企業でも1~2週間くらい連続で休暇をとっています。

現地にも当然旅行代理店があります。ドイツの代理店にホテル、航空券の予約を依頼する人もあるでしょうが、日系の旅行代理店があれば、そこはやはり日本語が通じて便利なのでそこを使います。

日本人が5~6千人も住んでいれば日本人をターゲットにした商売が生まれます。日系旅行代理店もそういう需要を見込んで成り立つわけです。

LTKライゼビユーロも老舗の1つでしたが、2009年におとずれたときは残念ながら廃業していました。

T=富田さん、K=川口さん、L=ドイツ人ではじめた旅行社ですが、彼らも高齢となり引退したようです。

現在も日本企業などが多く集まるインマーマン通りには、日系の旅行代理店は
営業しています。
しかしLTKがなくなったのは、当時を知る者として、残念でなりません。

LTK デュッセルドルフ


LTK デュッセルドルフ



日本クラブにはお世話になりました

インマーマン通りのそばのマリエン通りに日本クラブはありましたが、2009年にオスト通りに引越ししてました。以前は食堂も併設されていましたが、現在はなくなったそうです。

この食堂は昔よく利用させていただきました。日本食が10マルク程度で定食やカレーライス、ラーメン、うどんなどが食べれたので重宝しました。

特に家族が到着する前の数ケ月はは大抵単身赴任で食事を作れるビジネスマンはほとんどいないでしょう。そうなると外食になりますが、いろいろ試してみても最後は日本食になります。

比較的手ごろな値段の「喜かく」もありますが、それでも毎日となると結構な支出です。日本クラブの食堂が味といい、値段といいやはり最もいいところとなります。
 
そういえば、昔の旧の本クラブには小さい図書室があって、日本の書籍が閲覧
出来るようになっていました。
筆者が住んでいたのは昔のことなので、当時はインターネットも普及しておらず、
個々で読む日本の情報が大変ありがたく感じたものです。
漫画も置いてあったな~ 

今は日本クラブの役割も終わったということでしょうね。

以下は旧日本クラブの建物の入り口ですが、空屋のままでした。入り口も当時のままです。看板もそのままでした。

日本クラブ デュッセルドルフ


日本クラブ デュッセルドルフ


日本クラブ デュッセルドルフ



スポンサードリンク
Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0