デュッセルドルフ渡航前情報として現地の生活や周辺地域の見所等を紹介します。

スポンサードリンク

ホテル

インマーマン通り近辺のホテル

日系ホテルとして日本からの出張者はインマーマン通りのホテル日航に宿泊するケースが多いですが、それ以外のおすすめホテルを紹介しましょう。

【ベルゼンホテル】
前の日本クラブがあったビルのそばに、ベルゼンホテルというのがありました。今でもあります。ここはインマーマン通りにも近くホテル日航よりもはるかに安価に宿泊することが出来ます。

朝食付きです。ドイツのホテル共通ですが、部屋も小ぎれいですしなかなかおすすめだと思います。

【ベルゼンホテル正面入り口】ベルゼンホテル

ベルゼンホテル


【ホテルアイビス】
駅の構内にホテルアイビスというのがあります。インマーマン通りにも近くて、徒歩5分でいけます。時期にもよりますが閑散期だとツインでも68ユーロで宿泊できます。
朝食付きと朝食なしが選べます。ただしシャワーのみ。

その他アルトシュタットにもプチホテルがありますが、中心部よりも距離があって離れています。アルトシュタットを拠点にするよりは中心部に泊まって、そこからアルトシュタットまで観光で出かけるというスタイルのほうがいいと思います。

【ホテルアイビスの客室室内】
室内はちょっと狭い感じもしますが、非常に清潔です。
ホテルアイビス

ホテルアイビス



インマーマン通りでは日本人をよく見かける

インマーマン通りには領事館をはじめ、日系ホテル(ホテル日航)、日本料理レストラン、独日センター、日本クラブが集まっているので必然的に日本人が集まってきます。
加えてこのエリアに事務所をもつ日系企業も多数あります。

筆者も在住当時はよくこの通りに足を運びました。
ベビーカーを押した日本人の奥さん達がなごやかに立ち話をしていたり、日本人ビジネスマンが足早に歩いていたり、右を向いても左を向いても日本のお店やレストランばかりだから、まるで日本にいるように錯覚してしまいます。

必要なものがだいたいこのエリアで調達できるので、自然とリトルジャパン化して
いったのでしょうね。

ホテル日航に隣接して日本デパートの三越の支店がありましたので、出張でデュッセルドルフに立ち寄ったビジネスマンが最後の土産を買ったりしてましたが、残念ながら2008年6月閉店となりました。
今はそれにかわって、ホテル日航内にちょっとした土産物ショップがあります。

ここには小さいながらもドイツの民芸品やお菓子なども各種そろっていて、時間のないビジネスマンは重宝していると思います。

実は昨年のドイツ旅行の折、お土産はデュッセルドルフ三越で調達するつもりが、すでにクローズしていたため、このホテル内売店で買い揃えたのですが、これがなかなか優秀。
さすがに日本人のツボを押さえた品揃えでした。

どういうルートで仕入れているのかわかりませんが、ドレスデンの有名菓子店「クロイツカム」のバウムクーヘンが置いてあったのにはびっくりでした。
お土産に持ち帰りやすいコンパクトな箱で、すごく助かりました。
ドレスデンの本店にも行きましたが、まさかデュッセルドルフで手に入るとは。

余談ですが、日本のデパートでもけっこう良いお値段で売っている人気のドイツ製の
高級タオルがありますね。
フェイラー。。なぜかドイツの地元のデパートなどで見かけたことがありません。
買うのは日本人ばかりなのでしょうね。手ごろで、かさばらず荷物にもならないので、
ついでにこの店でGET!
まだ日本のデパートでは見かけない新柄だったようで、喜ばれましたよ。


ホテル日航 デュッセルドルフ


ホテル日航 デュッセルドルフ


ホテル日航 デュッセルドルフ


ホテル日航 デュッセルドルフ

ホテル日航 デュッセルドルフ


ホテル日航 デュッセルドルフ



スポンサードリンク
Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0