デュッセルドルフ渡航前情報として現地の生活や周辺地域の見所等を紹介します。

アルトビールはデュッセルドルフの地ビール

スポンサードリンク

ドイツにはそれぞれの土地で独自の特長あるビールを醸造していますが、デュッセルドルフにも有名なの地ビールがありアルトビール(Alt beer;以下アルトと略)といいます。デュッセルに来たらぜひ味わいたいビールがアルトといえます。

ドイツ国内で一般的に飲まれているビールは ピルスナービール(Pilsner berr;ピルツビールともいいます。以下ピルツと略)といいます。ここのビールはチェコのビルゼンで製造されていたことからこの名がつきました。

ピルツをはじめとする普通のビールは透明な黄金色ですが、アルトの色はかなり濃くてこげ茶色で少し甘みを感じます。飲んだ味は苦味やこげた味はありませんが、黒ビールとはまた別の種類ということです。

ビールのつくり方は2種類あり、上面発酵と下面発酵があります。アルトは上面発酵でアルコール度数は約3.8度、やや酸味もあります。デュッセルドルフのアルトシュタットには数多くのパブで出されています。上面発酵は古くから行われているは製造法ですが、アルトという意味は「昔のビール」という意味です。

デュッセルドルフのアルトといってもいろいろなメーカーが製造しています。実際試してみますと微妙な違いがあります。スーパーでも簡単に手に入りますので、何種類かのみくらべてみてください。自分の好みに合ったものに出会えるとおもいますが、大手のアルトとしてはガッツ(以前のGatzweiler、現在はGatz)やシュレッサーアルト(Sclosser)が有名です。

Düsseldorf市内に自家醸造所を持ち、造りたての自家製ビールが飲める銘柄としてはOststr.120にあるシューマッハー(Schumacher Alt)が有名ですね。

デュッセルドルフ アルトビール


【ドイツ渡航前のドイツ語学習法におすすめ】
>>>  【革新的ドイツ語攻略法】 10倍速ドイツ語脳育成プログラム~ネイティブ音声・トレーニング演習問題付~


ジャーマンレイルパスは旅行代理店よりもネットで購入するほうが断然お得です!!
>>> ジャーマンパス、格安ジャーマンレイルパスがネットで購入できます


ドイツ以外の欧州の国々も廻る場合は、ユーレイルパスがおすすめ。 格安ユーレイルパスとヨーロッパ鉄道パスの情報はこちらから
>>> 格安ヨーロッパ鉄道のチケットの情報はこちら


スポンサードリンク

関連記事

  1. ワインの産地としてのMosel-Saar-Ruwer
  2. ドイツのぶどうの栽培地域
  3. ドイツワインを楽しむ
  4. 日本食レストランはどこがおいしい?
  5. ホテル日航周辺の日本食レストラン

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アルトビールはデュッセルドルフの地ビール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isegoo.biz/mtos/mt-tb.cgi/35

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0