デュッセルドルフ渡航前情報として現地の生活や周辺地域の見所等を紹介します。

ドイツのぶどうの栽培地域

スポンサードリンク

ドイツワインにおけるぶどうの栽培地域について紹介しましょう。

ぶどうの栽培エリアとして、ドイツはヨーロッパでも北限に近い国となります。ドイツにおけるふどうの槻培とワインの醸造は、古代ローマ帝国がライン川まで進出した際にもたらしたものと言われています。

現在のドイツにおけるぶどうの栽培エリアはボーデン湖からボン周辺のライン川中流及ひその支流にいたる次の13の地方に分けられています。

1)Baden(バーデン)
ドイツにおけるぶどう栽.培の最南地域に位置し、ボーデン潮とハイデルベルグの問、ライン川の左岸です。

2)Rheinpfalz(ラインプフアルツ)
ノイシュタツトとシュバイゲンの問、ヴォージュ山脈とプフアルツの森を自然の要さいとするライン川の左岸です。

3)Wuerttemberg(ヴユルテンベルグ)
シュトュットガルトとハイデルベルグの問です。

4)Franken(フうンケン)
:シュタイガーヴアルトからシュペサートにいたる地域で、丸いビンに入ったワインが特徴的です。

5)Rheinhessen(ラインヘッセン):
ヴオルムス、マインツ、ビンゲン問のライン川左岸です。

6)Hssischc Bergstrasse(ヘツシイシェ・ベルグシュトラーセ)
ヘツペンハイム、ベンスハイムを中心とする才一デンヴアルトの斜面地帯です。

7)Rheingau(ラインガウ)
リュ一デスハイムかろヴイスバーデンにいたる.,タウナス山脈からライン川岸にいたる地域です。

8)Nahe(ナー工)
ビンゲンでライン川に合流するナー工川の流城です。

9)Mittelrhein(ミッテルライン)
ビンデンからボンにいたるライン川右岸で、古城の多い景勝の地です,。

10)MoselーSaarーRuwer(モーゼル・ザール・ルワ一)
モーゼル川とその支流ザール川、ルワー川流域です。

11)Ahr(アール)
アイフエル山中のアール川流域で赤ワインの産地です。


【ドイツ渡航前のドイツ語学習法におすすめ】
>>>  【革新的ドイツ語攻略法】 10倍速ドイツ語脳育成プログラム~ネイティブ音声・トレーニング演習問題付~


ジャーマンレイルパスは旅行代理店よりもネットで購入するほうが断然お得です!!
>>> ジャーマンパス、格安ジャーマンレイルパスがネットで購入できます


ドイツ以外の欧州の国々も廻る場合は、ユーレイルパスがおすすめ。 格安ユーレイルパスとヨーロッパ鉄道パスの情報はこちらから
>>> 格安ヨーロッパ鉄道のチケットの情報はこちら


スポンサードリンク

関連記事

  1. アルトビールはデュッセルドルフの地ビール
  2. ワインの産地としてのMosel-Saar-Ruwer
  3. ドイツワインを楽しむ
  4. 日本食レストランはどこがおいしい?
  5. ホテル日航周辺の日本食レストラン

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ドイツのぶどうの栽培地域

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isegoo.biz/mtos/mt-tb.cgi/39

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0